主婦もキャッシングできます

日々、生活費のことで頭を悩ませている主婦は多いでしょう。

 

旦那さんの給料の中でやりくりしなくてはいけない専業主婦ともなれば、より大変なのかもしれません。

 

専業主婦ではないけれど、家計のやりくりで大変だという主婦もたくさんいます。

 

どうしても給料日までの生活費が足りなくて困ることはありませんか。

 

収入が安定しているのならば、パートでも構いません。

 

キャッシングを利用することも考えてみませんか。

 

意外と主婦キャッシングを利用している人は多いです。

 

パートなどで安定した収入がある主婦だけが利用できると思っている専業主婦もいるでしょう。

 

パートなどの収入があれば、利用できるという業者はとても多いです。

 

ただ、専業主婦の場合は旦那さんの収入を基準にすることができるので、実は専業主婦もキャッシングできます。

 

自分が専業主婦だから、キャッシングはできないとあきらめる必要はありません。

 

申し込むことも考えてみましょう。

 

家族の誰にも知られたくないと思っている人も安心してください。

 

専業主婦で、旦那さんの収入を基準にしていたとしても、旦那さんに知られずに利用することができます。

 

計画に余裕を持たせて利用してください。

 

そうすれば、誰にも知られることはありません。

 

旦那さんに知られたら困るという人も安心して利用できます。

 

申し込む時は、複数の業者をよく比較して、それからのほうが安心です。

 

より返済しやすいところはどこか良く考えてから申し込みましょう。

専業主婦がキャッシングをするには

貸金業者のキャッシングは年収の3分の1以上の貸付を制限しています。

 

つまり、年収300万円の人なら100万円までの融資しか受けることができません。

 

さらに全社を合わせた金額なので、例えばA社から30万円を借りている場合は残り70万円の借り入れしかできないことになります。

 

これは貸金業者への規制なので銀行の借り入れには影響しませんが、業者に関わらず安定して継続した収入を得ていることが融資の条件ですので、いずれにしても収入がない人は申し込みができません。

 

それを踏まえると専業主婦への融資は不可能ということになるでしょう。

 

主婦でもパート等で収入がある方なら融資を受けることが期待できますが、ただ、収入が少なすぎると返済能力がないということで審査に通過するのは難しいという現状があります。

 

では、主婦がキャッシングを受けることはできないのかということですが、配偶者貸付を利用すれば収入が少ない又はない主婦でも融資を受けることが期待できます。

 

配偶者貸付とは、配偶者の収入を自身の収入と合算して申し込みができる制度です。

 

よって、夫に安定した継続的な収入があればキャッシングの申し込みをすることは可能です。

 

この制度を利用するには、夫の同意、婚姻関係を証明する書類、夫の収入証明書などの提出が求められます。

 

配偶者に内緒で利用することはできないので必ず相談しましょう。

 

その上で、各社が提供している主婦キャッシングをチェックしてみてください。

お気に入りサイト